【ネオヒーラー】広島大学と共同研究契約を締結


外側広筋の硬さと股関節の屈曲および可動域が、ネオヒーラーによるマイクロカレント(微小電流)治療の一過性の処置後に大幅に改善されたことが証明され、ネオヒーラーを使用した微小電流治療は、健康な若いアスリートの下肢損傷の予防とコンディショニングに役立つ可能性があるということがわかりました。

添付画像は、昨年、広島大学 黒坂准教授 によってオーストラリアの学会で発表されたネオヒーラーによる治療の効果について書かれた論文の一部。

PEONY若石足療|旭川

『美は健康の上に成り立つもの』 カラダの内側から美しくなる健康習慣をサポートします